これで安心!人間ドック丸わかり

健康な人もチェック!人間ドックのタイミング

いろいろ選べる!オーダーメイド人間ドック

胃カメラ、CT、内視鏡、血液検査。
人間ドックというと、毎回きまりきったメニューの検査を受けて終わるというイメージが強いようです。

もちろん、一般企業などではこうした従来型の人間ドックが主流になっていますが、最近では人間ドックもオーダーメイド化が進み、重点的に検査したい項目だけをメニューとして組み合わせることも可能になってきています。

オーダーメイド化することで最小限の検査を受けるだけですみ、コスト的にも格段に安くおさえることができます。
また、検査メニューが少なくなることで体への負担が軽減され、いわゆる「人間ドック疲れ」をふせぐことにもつながります。
オーダーメイド人間ドックでは検査後により細かいアドバイスを受けることができ、自分の今の体質を把握するという意味もあります。

人間ドックは意味がない?極論の落とし穴

病気の早期発見および早期治療につながるとされてきた人間ドックですが、最近になって「人間ドック不要論」なるものが医療関係者の間からもささやかれるようになりました。

人間ドックで発見できる病気は実はごくわずかであり、健康なうちから人間ドックを定期的に受けていると早期発見のメリットよりも放射線被曝などのデメリットのほうが上まわってしまう。
「人間ドック不要論」の論理は次のようなものですが、それでも皆さんには、人間ドックの有用性を強く訴えたいと思います、
たとえ人間ドックですべての病気を早期発見することが難しいとしても、ごく一部でも病気を初期段階で発見し、早期治療に結びつけることはQOLの観点からも非常に意味のあることだからです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る